スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒神 The Animation 第15話 「修羅」 感想

黒神 The Animation  第一巻 限定版 (初回生産限定) [Blu-ray]黒神 The Animation 第一巻 限定版 (初回生産限定) [Blu-ray]
(2009/05/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る

運命にあらがう者達―
・幼きルート

 茜は雪に殺されそうになるが、蔵木の登場で形勢逆転し、
 今度は雪が蔵木に殺されそうに。
 しかし、茜は同じ蔵木に騙されていた雪をかばい抵抗するが・・・

 一方、慶太達はテラの力を感じた部屋へ。
 そこでは、かつての同朋修羅が揶雲をボコボコに。

 黎真の元に身を寄せていた修羅は、黎真がいなくなってからは蔵木の元に。
 修羅は蔵木の理想を叶えるため、まゆちゃんのルートと契約し強大な力をへ、
 クロに襲いかかり、力の差を遺憾なく発揮する。

 クロ達も全力で戦わないとまずい状態になり、
 慶太はよりシンクロに集中しますが、突然クロとのシンクロが途切れてしまう。


・再会

 クロは慶太のテラを心配し、無意識に慶太とのシンクロを拒んでしまってる状態に。
 何度シンクロを試みるが、なかなかうまくいかない。

 そんな中、傷ついた状態で揶雲が修羅に再び挑むが足止めにもならず。
 慶太はサウザンドで応戦しますが、コントロールしきれないのかはずしてしまうが、
 わざと天井を落とすように打った作戦に出るとは!!
 もちろん天井が崩れ、修羅は下敷きに♪

 しかも、ラッキーなことに天井から落ちてきた茜とプニプニとの感動の再会まで果たすとは!
 まさか、慶太はそこまで計算してないよね・・・


・脱出

 茜との再会も済ませ、雪との事情も分からないまま、ヘリに乗って脱出することに。
 しかし、ベルンハルトを倒し、駆け付けた雷呀が邪魔をする。

 茜と雪を先にヘリで脱出させ、蔵木と雷呀と勝負かと思いきや、
 蔵木は最後の切り札、慶太のルートとの顔合わせ攻撃。
 ヤバいって、これじゃ近いうちにサブの慶太死んじゃうよ(>_<)

 一方、逃げ出した茜達もヘリの故障で墜落。
 ここにきて一気に死亡リスクが増えすぎです(T_T)


 やっぱり蔵木は慶太のルート確保してたよ、用意周到だなぁ。
 二人を隔離していたのは知っていたけど、軟禁状態だったとは(+_+)
 茜さんとの待遇の違いにお悔やみ申し上げますm(__)m

 次回、「崩壊」 です!

 
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

トラックバックURL :

「黒神TheAnimation」第15話

  Episode15「修羅」森羅は黎真に付き従う獅子神一族の元神霊だった。黎真という絶対の主をなくした彼は、その死に場所を求め修羅の道へと身を投じていた。魁音寺最強の容量を持つ契約者の力によって凄まじい破壊力を発揮する森羅。彼を倒し、茜を救い出すことが出来る...

2009年04月24日 20:48 | 日々“是”精進!

黒神 The Animation 第15話 「修羅」 【感想】

徐々に話も盛り上がりってきましたね! 前回のラストで茜さんに銃を向けた雪だったけど、結局茜さんに共感したのか引き金を引くことは出...

2009年04月24日 22:59 | 満天の星空の下で

黒神 The Animation 第15話「修羅」 感想。

予想外の展開に俺釘づけ

2009年04月25日 04:25 | もす!

黒神 The Animation 第15話 「修羅」 (アニメ感想)

アニメ 黒神 The Animation 第15話 「修羅」 ↓あらすじ 森羅(しんら)は黎真に付き従う獅子神一族の元神霊だった。 黎真という絶対の主をなく...

2009年04月25日 19:53 | アニメ・コミックだーいすき♪

プロフィール

wendy

Author:wendy
アニメの感想・考察だったり、イラストを公開したり、細く長く、自由にブログを運営しています。

リンクはフリーです、相互リンクは大歓迎です!!
コメント欄で伝えてくださいね(^O^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プチ月別アーカイブ
Categories...B

openclose

カウンター
アクセスランキング
人気ページランキング
ブログパーツ
相互リンク(五十音順)
  • ルカルカのアニメ感想・情報日記
  • こちらもどうぞ
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    Twitter
    Myイラスト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。